乳酸菌サプリなどを使って健康的な肉体をゲットせよ!

笑顔の女

悪玉菌を撃退

女性

乳酸を作る菌

乳酸菌とは糖を分解して乳酸という酸を作る菌のことで、乳製品だけでなく様々な植物にも多く含まれています。乳酸菌とは生物学的な種を示す名前ではなく、糖から乳酸を作る菌全般のことを指し、乳酸のみを作るホモ乳酸菌と、酢酸など乳酸以外の物質も作り出すヘテロ乳酸菌に分けられます。乳酸菌は、腸において悪玉菌を撃退する善玉菌の増殖を促す働きをしますが、自分で悪玉菌を退治することもあります。腸にまで達することができず胃酸で死んでしまった菌も悪玉菌をくっつけて外に出すという役割を果たしています。また、乳酸菌は花粉症などのアレルギーを軽減したり、虫歯を予防する働きを持っています。さらに、乳酸はカルシウムの吸収を促進する効果があるため、乳酸菌をカルシウムを含んだ食品とともに摂取すれば骨の健康を保つのに非常に有効です。

様々な種があります

一般的によく利用される乳酸菌にはラクトバシラス属、ビフィドバクテリウム属、エンテロコッカス属、ラクトコッカス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属などがあります。ラクトバシラス属はラクトバチルスとも呼ばれる人や動物の腸など消化管に住んでいる菌で、伝統的にヨーグルトの製造に使用されてきました。日本酒に混入すれば異臭の原因になりますが、ワインの発酵に用いられたりもします。ビフィドバクテリウム属はビフィズス菌とも呼ばれていて、乳酸と酢酸を作るヘテロ乳酸菌の一種です。ビフィズス菌は腸の調子を整えたり、アレルギーの緩和、ビタミンB群の生成などの働きを持ちます。ラクトコッカス属は乳酸のみを作るホモ乳酸菌で牛乳などの乳製品に多く含まれています。